ヒプノセラピー(催眠療法・前世療法)に対する期待と誤解   ヒプノセラピー(催眠療法・前世療法)ってこんな感じ   ヒプノセラピー(催眠療法・前世療法)の効果   KEIKOプロフィール
セッション内容と料金   お問い合わせ&申しこみ   ヒプノちっくな話   体験談   リンク集   胎内記憶・出生記憶

 

ヒプノセラピー(催眠療法・前世療法)とは  


ヒプノセラピー(催眠療法・退行催眠・前世療法)とは
私たちが普段意識していない潜在意識(無意識)につながる、とても有効的なテクニックの一つです。


 
私たちが普段自覚している意識を『顕在意識』、自覚できない意識を『潜在意識(無意識)』といいますが、自覚できる顕在意識(考える、悩む、感じる、計算する・・・)は全体の5〜10%、自覚できない潜在意識が90〜95%だと言われています。私たちが自覚できない部分のほうがずっと多いということですが

その潜在意識の中には生まれてから現在までの全ての記憶があるといわれています。覚えていない子供の頃や胎児期の出来事も潜在意識にはちゃんと記憶されていて、その後の人生の思考パターン・行動パターンに大きな影響を与えています。

 心理学では、胎内〜幼児期の環境や体験が人格や人間関係のパターン、取りやすい感情のパターンに深く関わっている事が明らかにされています。心の中の傷や抑圧された感情をそのままにしておくと、無意識のうちに同じような状況を自分の元へ引き寄せ、大人になっても延々と似たような事を繰り返しやすいのです。幼児期以降でも大きな感情を伴う体験は、やはりその後の人生に影響します。

 自分の感情すら実は本来の自分の感じ方ではなく、幼少期の環境等に影響されて作り上げた感情のパターンかもしれないのです。脳科学的にも、人は見たいものを見て聞きたいものを聞いていると言われますが、このように幼児期に選択した生き方や感情・感覚のパターンは、気付いて解放するまで続いていきます。

 ヒプノセラピー(催眠療法・前世療法)は、顕在意識と潜在意識の境界線(クリティカル・ファクター)を越えて、潜在意識にある情報を引き出し、埋もれていた感情を解放したり、新たにクライアント様(被験者)が望むプログラム(思考回路等)をインプットしたりするテクニックです。そして、本来のご自身のあるべき姿へと戻していきます。

 例えれば、一人一人美しいカラーを持って生まれてきたとしましょう。綺麗なグリーン、黄色、ピンク、赤など、本来はそのカラーを自信を持ってイキイキと表現して生きていけるのです。ところが幼少期の環境やアクシデント等によって本来の美しいカラーを濁らせたり、ぼやけたり、無理に他の色になろうとしたりするのです。もちろん、それでは生きにくいはずです。

 ヒプノセラピー(催眠療法・前世療法)では、心の癖(思考パターン・行動パターン)を潜在意識レベルで探っていき、幼児期・胎児期・過去生まで退行したり、ハイアーセルフ(高次の自己)・サブパーソナリティー(自分自身の性格の一部を人格化したもの)に会って、質問をしたり、アドバイスを受けたりします。理想的な未来に行ってみる・・・なんて事もできるのです。


                 ⇒ヒプノセラピーをするとどうなるの?

●どんな方に?

人間関係が苦手、親子関係・夫婦関係のトラブル、何かに対する不安・あせり、劣等感・・等の問題を抱えている方。もっと自分を探りたい方。
また、問題は抱えていないけれど、ストレス発散やリラックスを望まれる方にも高い効果があります。ヒプノ状態(催眠状態)での20分間のリラックスは、2時間の睡眠に匹敵すると言われています。ストレスの多い現代、ヒプノリラクセーションは自分を取り戻すとても有効的なツールです。

●催眠って恐くないの?
 『催眠』というと、何か特別な意識状態になって不思議なことをされるのでは・・・と思われるかもしれませんが、催眠状態とは特別な状態ではないのです。
 私たちは1日のうちに約10回程度、自然に催眠状態に入っています。例えば、ベッドの中でまどろんでいる時、本やテレビなどに夢中になっている時、音楽に聴き入っている時、ドキっと驚いた時、考え事をして呼ばれても気付かない時、電車の中でボーっとしている時・・・・等。

 催眠状態を全く意識が無くなっている状態だと思ったり、普段とは全く違う意識状態だと思っている方が多いようですが、実際にはこのようにとても自然な感覚です。ですから、ヒプノセラピー(催眠療法・前世療法)の時も自分が催眠状態にはいっている事を自覚する事のほうが、むしろ難しいのです。

 自覚できる感覚としては「横になって目をつぶり、ゆったりとリラックスしている状態」というようなものです。周りの音も全て聞えますし、暑い、寒い、かゆい、トイレに行きたい・・・などの感覚も普段通りです。セラピーを終えた時「催眠にかかっていませんでした。」とおっしゃる方が多いのですが、それはこういった理由からなのです。催眠状態から覚めない人はいませんし、催眠中に自分の意思に反する事をさせられるなどといった事もありません。ご安心下さい。


●誰でも催眠に入れるの?  ヒプノシス(催眠)は思考やイメージをリアルに体験するツールです。ご本人が望めばほとんどの方が入れます。催眠はセラピストが誘導していくものも、自分でするものも、すべて自己催眠です。掛けるのではなく、自ら入っていく自発的なものなのです。ですから クライアント(被験者)の積極的な参加意識が高い場合や、切実な意識を持っている場合に催眠に入りやすくなると言われています。
 逆に参加意識のない方、自分の為ではなく人の為に変わりたいと思っていらっしゃる方、自分の意思に反して誰かに連れてこられた方などは入りにくいかもしれません。

 何事にも時期があります。自分自身を見つめ、考え、「何とかしたい」「何とかなりたい」「知りたい」と思われた方が私のところを訪ねていらっしゃいます。その自らの意思がとても大切なのです。その意思を持った時が、その方の変化の時期なのかもしれませんね。私もお一人お一人の意識の旅を、丁寧にナビゲートさせていただいております。
 「私の過去生が知りたい」という方も、無事催眠に入ることが出来ます。。 参加意識が高いのかも?しれません。
 
●実際にはどんな事をするの?
 まず最初にカウンセリングからはじめます。緊張していらっしゃるでしょうから(?)お茶でも飲みながら、寛いでいただき、ゆっくりと相談内容を伺います。そして、その日のセッションの内容を二人で決めていきます。
 次にリクライニングの椅子に座り、目をつぶっていただきます。私の誘導に従ってからだの力を抜き、自然に催眠状態へ・・・・。1時間ほどのセッションの後、私の合図で目を開けていただき終了です。

   トップページへ戻る