ヒプノセラピーとは?   ヒプノセラピーに対する期待と誤解   ヒプノセラピーってこんな感じ   ヒプノセラピーの効果 
  KEIKOプロフィール   セッション内容と料金   お問い合わせ&申しこみ   ヒプノちっくな話   リンク集 胎内記憶・出生記憶

体験談

れからご紹介するヒプノセラピー(催眠療法・前世療法)の体験談は、全てご本人様が自発的に送ってくださったもの、
または、セッションの様子を載せてくださいとのお申し出を頂戴して掲載させて頂いております。
ご協力頂きました方々に、お礼申し上げます。

目次

 1、 半信半疑だったのに・・・20代女性Aさんの場合
 2、 セッションのたびにクリアーになるMさんの場合。
 3、 ご本人による漫画…30代女性Cさんの場合
 4、ご本人による体験談 K.K.さんの場合
 5、ご本人による体験談 K.N.さんの場合
 6、ご本人による体験談 
 7、ご本人SARAさんによる体験談(ブログ)
 8、ご本人による体験談 夢の実現 Mさんの場合
 9、ご本人による体験談 HTさんの場合


  半信半疑だったのに・・・・・20代女性 Aさんの場合 Aさんは全部で5回ほど受けられた方です。過去生、ハイア−セルフ、未来・・・といろいろ見てきましたが、毎回うまく催眠に入れるかどうかという不安の強い方でしたので、まず、幼児期の場面に行ってから次の場面(過去生など)に誘導をしていました。というのは「過去生」にいきなり行ってみましょう、というよりも、今回の人生の一場面から入った方が構えないですむからです。

そして、最後の5回目のセッションの日にいらしたAさんは、とても興奮して「聞いてください!」と話し始めました。

それは、4回目のセッションの時に見た幼児期についてでした。それまでの3回で見た幼児期の出来事はハッキリ覚えている事か、記憶の隅にあったことばかりだったのです。ところが、4回目のセッションの時に見た幼児期の出来事は全く記憶にありませんでした。家、家具の配置、窓、自分の着ている洋服、外に出るときにはいた靴、手に持っていたオモチャ。そのセッションが終わった時「なんでこんな物が出てきたんだろう・・・自分で勝手に作り上げたに違いない」と思ったそうです。

ところが後日、お母様に会う機会に「3〜4歳の頃にこんな事あった?」 と思いきって聞いてみると、お母様は何でそんな事聞くの?という感じで「何言ってる?そうだったじゃない。忘れたの?!」と答えたそうです。Aさんにとってはもう記憶にない事でも、お母様は当然のようにチャンと覚えていたのですね。小さな子供だったAさんは忘れてしまいがちでも、大人だったお母様の記憶に当然のように残っていたわけです。ヒプノ状態で見た洋服や靴、オモチャが、その当時のAさんのお気に入りだったこと、家の中の様子も、Aさんが見たとおりだったことなどを確認でき、かなりの驚きだったそうです。

その話をAさんは興奮して私に話し、こう付け加えました。「実は、過去生も、ハイア−セルフもあまり信じきれてなかったんです。どうしても自分で作ってしまったような気がして半信半疑というか。でも、今回の事でなんだか吹っ切れました。人間には普段意識できなくても、いろんな力があるんだって思えるようになったんです。」

その話を聞いて私も嬉しくなりました。もちろん、過去生などが本当かどうかを信じきれていなくても、セラピーの効果としては変わりありません。でも、自分自身の感覚を信じられるという事は、普段の生活の中でも必ず役に立つだろうと思うのです。

目次に戻る

私たちセラピストは、クライアントさんが何回かのセッションを受けられた後の生活をなかなか知ることができません。その中でもMさん(30代女性)は長期にわたって思い出したように私のところにいらしてはセッションを受けてくださるので、前回からそれまでの変化を知ることができる、とっても嬉しいクライアントさんです。毎回持ってきてくださる『問題』は、彼女自身しっかりと見つめ、深く考え、何とかしよう!という意思のもとにいらっしゃいます。他力本願じゃないんですね。だからでしょうか、その『問題』たちは毎回見事なほどにしっかりとクリアーになるのです。これまでにMさんが受けられたセッションの中でも、最初の頃の過去生退行はとても印象的でした。

 その時は、何故か毎日が悲しく、虚しく、時々飛び降りたい衝動にかられるとのご相談内容でした。死にたい、というハッキリとした意思があるわけではないのですが、何故か飛び降りたいと思うのだそうです。ちょうどその少し前に千葉にある海に隣接した建物から海を眺めていて、このまま飛び降りてしまいたいという気持ちを強く感じ、抑え難かったとの事でした。

その時見た過去生では、エジプトのような場所の石切り場が出てきました。設計をしている部署で何らかの仕事をしている女性のようでした。夫と息子がいましたが、夫との関係がうまくいかず悩んでいました。虚しい思いで毎日を過ごし、疲れ、時々崖の上に立っては「このまま飛び降りて死んでしまいたい、でも、息子がいるから死ねない。」と思うのでした。その人生でのご主人は、現在のご家族の一人。
その人生を最後まで見た後に、その人生での体験を客観的に振り返り、現在の人生への影響と今後の注意点や課題を理解。そして、その時に残した感情を解放してセッションを終えました。
その後、「飛び降りたい」という衝動はなくなったそうです。

この話には後日談があります。お子さんの幼児教室の先生が過去生がわかる人なのだそうです。ある日その先生が「Mさん、僕とMさんはエジプトの過去生で一緒だったんですよ。あなたは僕の秘書だったんですよ。お茶をいれたりしてくれていたんです。」と言われたのだそうです。そう言われた途端、Mさんは「いた!!この人いた!!私、この人嫌いだった!!」と思ったそうです。セッション中はその人物は登場しなかったのです。それなのに、確かにその人物がいて、髪がモジャモジャで、自分がその人の秘書をしていて、その上司が嫌いだった!・・・・一瞬でそう思い出したのだそうです。面白いですね。

Mさんは過去生のセッションが終わった後、自分で作り上げてしまった物語なのでは・・・という気持ちがぬぐえなかったのだそうですが(多くの方がそう感じます)、この先生の言葉で、その猜疑心はなくなったとおっしゃっていました。

目次に戻る


ご本人による漫画…30代女性Cさんの場合

Cさんは全部で4回のセッションを受けられた方です。もともと小説を書かれたり、漫画を描かれたりなさる方でしたので、セッションが終わった時に 「セッションの内容をご自身で漫画やお話として記録されてもいいかもしれませんね。セッション中は意識に上らなかった事も、その後の日常生活の中で思い出される事もありますし、夢を見たりすることもありますよ。」 などと話しました。すると、なんと本当に漫画にして持ってきてくださったのです。とっても素晴らしい出来映えでしたので、ここに掲載させていただく許可をいただきました。

Cさんのお話ですと、やはりセッション中は言葉に出来ないことも多く、後に気付いた事もあり、漫画にしてみて理解が深まったそうです。

ただ、セッション中の内容を全部覚えきれるわけではありません。ここに記されているのは、Cさんの記憶に残ったストーリーです。また、Cさんはご自分の事ですのでよくわかっている事でも、読まれているかたにはわかりにくい点もあるかもしれません。そのような個所については私の注釈を入れさせていただきました。 では、  ↓ にどうぞ。           


 ご本人による体験談 K.K.さんの場合

K.K.さんは全部で5回のセッションを受けてくださった方です。
この方も小説をかかれる方で、セッションが終わるたびにレポートを送ってくださいました。とても良くご自分を分析し理解なさっていて、私も大変興味深く読ませていただきました。 その中でも、2回目と4回目のセッションがとても強烈なものだったそうですが、4回目の内容はご自分の胸に宝物のように大事にしまっておきたい程のものだったそうです(私・KEIKOもとてもやりがいのある、素晴らしいセッションだったと思います!)。 このたび、この5回のセッションのうち、1回目と2回目のセッションレポートを掲載させていただく許可をいただきました。
これは、全部ご自身によるものです。

K.K.さんのご相談内容は、仕事の忙しさや職場での人間関係におけるストレス、それに加えて小説を書きつづける事での時間の管理の難しさ。そんな中で2年ほど睡眠不足が続き、肉体的にも精神的にもスッカリ疲れてしまっている、との事でした。                                           
 ご自身の言葉として 「仕事が忙しい事に対するストレス。職場の上司からの圧力・やつあたりの苦しさ。小説を書く能力に対するストレスや焦燥感。友達や家族を大事にできず、自分のやりたい事ばかりを優先している自分への嫌悪感。将来への不安・・・・・そういう重たいものばっかりで私の心はいっぱいいっぱいになっちゃいました」 とおっしゃっていました。
では、体験談へ↓ どうぞ。

K.K.さんの体験談へ ジャンプ!

  K.K.さんの体験談 ↑ には 終わってすぐの感想も書かれていますが、
その後しばらくたってからの変化(効果)についてもレポートを送ってくださっています。それについては、また今度(^^)


 目次に戻る



ご本による体験談 K.N.さんの場合

 K.N.さんは1年強通ってくださった方です。初めてお目にかかった時、ある国家試験を1年以上も先に控えているとは言え、私などには想像もつかないような猛勉強の毎日を重ねていらっしゃる方でした。
 ご本人の原文に「1ヵ月に1週間は鬱状態だった」とありますが、それだけの勉強時間と、難度の高い内容を吸収しなければならないプレッシャーは聞くだけで目眩がしそうで、疲れ果てて窓を空ける気力さえなくなってしまってもわからなくはないな・・・と思えるほど。
 それに耐えて1年を乗り越え、さらに今では試験を目前に控えているというのに鬱状態にほぼならずに済んでいるとは、私自身も大変嬉しく思っています。
 この1年間の中でも特に、今回のレポートにある最後の2回のヒプノセッション(1、理想的な未来の自分に逢う 2、自分の力を信じられないのは何故か)は大変素晴らしく、体験談を寄せていただき心から感謝いたしております。
それにしてもK.N.さんは、これだけの重圧の中でもいつも柔らかさを忘れず、品のある美しさを称えた方でした。 あっぱれ
これから先の人生も、応援しています!

ご本による体験談、原文へ  GO!

目次に戻る


6、ご本人による体験談 

この度、自由な感じのセッションをさせたいただいた時の体験談を寄せていただきました。
これだけのイメージ展開をされるというのは、この方がこれまでも相当ご自分を見つめる機会を持ち、何物をも受け入れる度量をお持ちだからだと感じます。
ご自分をしっかりと見ることを恐れない。そんな方だからこそ、今回このようなセッションを安心してさせていただきました。

では、ご覧ください。

**********************************
  体験談 200871日  
l         KEIKO先生の誘導により、まずは草原へ。白い木綿のワンピースを着た女の子が、高い木の下に立っている。これが私。すると、視点がすーっと上へ登り、女の子の姿をはるか高い位置から見ることになる。<この上昇は、止めようとしても止められず、ぐんぐんと視点が登っていってしまう、というものでした。>

l         次に出てきたものは、水晶かガラスでできた細長い四角錘(底面が正方形、4枚の側面が二等辺三角形)。この四角錘を私が抱えている。中にはオレンジ色の炎があり、それは容器いっぱいに広がっている。中には炎があるにもかかわらず、その四角錘は冷たい。そして、四角錘の尖った先端がますます細く鋭利になっていき、ついには鉤の形(鋭いフックのよう)になる。<「それは何を表しているの?」とKEIKO先生が質問されたように思いますが、自分が何と答えたのか、正確には再現できません。しかし、この冷たい透明の四角錘が、今、私の抱えている問題、私が圧迫感を覚えている事柄を表していたと感じていました。>

l         次に、自分がやりたくなったことは、その鉤型の先端をポキッと折ること。そして実際、折れてしまった。すると上方に穴が開き、そこから中の炎が出てきた。炎は外部の酸素と反応して勢いを増す。色も白色に変わる。そして、炎は高くなっていき、白く光る細長い柱となる。高さは自分の背丈の何倍もある。そして私がその炎の柱を手に持っている。まるで長い長い松明を天に向かって掲げているようなイメージ。

l         周囲は夜で、濃紺の空が広がっている。そこに私の持つ炎の柱が、火の粉を散らしている。火の粉は自分にも降りかかるほど多く飛んでくる。全体は影絵のようなイメージ。

l         やがて、同じような松明を掲げる人(男性)と出会う。二人の炎はどちらも高く、青白い。ふたつの炎を合わせて、共に燃やす。炎の太さは倍になり、一層熱く、まぶしいほど光るようになる。二人は黙ってその炎を見上げている。私はとても大きな充足感を感じている。<これは、二人で花火を合わせるようなイメージ。ただし、花火と違って、炎は上向きです。>

l         合わせていた炎を離す。二人は言葉を交わすことなく、互いに反対の方向へ歩いていく。二人の進む道は、全体としては大きな円になっており、いつか再びすれちがうことを確信する。しかしそのときは、互いに相手には気づくことができないように私は感じる。

 

最後の場面で、相手と別れ、高い炎を持って再び独りで歩き出した自分自身を見て、私はこの人生で何をしたいのか、何を使命と感じているのかがはっきりしました。私の心の中には、器に収まりきれないほど大きな、とある情熱があり、それを大きく高く燃やし続けたいと思っているのだと。今は、冷たいガラスの容器に押し込まれているけれども、早くその容器を割って、思う存分、炎を燃やしたい、この炎は枯渇しないんだ、と感じました。この情熱の炎を持って歩きまわり、灯りの消えた人々に灯りをともしていきたい、一人一人と向き合って、大切にひとつひとつ炎を増やしていくのだと。酸素がある限り、自分の炎を何人に分けようとも、自分の火が小さくなったり減るわけではなく、むしろ相手に火がともされて全体としては炎の数は増えていくわけです。枯渇しない炎を持つ私は、常に火種としての使命・役割を担うことができるではないか、と思えました。

しかしながら今は、私の炎は狭い容器の中に閉じ込められていて、上記の使命を果たそうにもできない状態になっています。ガラスの容器を割って、炎を外に出すことが急務なのだとわかりました。

「炎」は私の仕事に対する情熱を、「ガラスの容器」はその情熱を阻む現実(試験に通らないとその仕事に就くことができないという現実)を表していると思います。この「炎」は私の「いのち」そのもの、といえるかもしれません。「出会った男性」は、夫や恋人ではなく、同じ志を持つ、私の尊敬し愛する人でした。

近年、情熱を阻む非情な現実に何度かぶちあたり、何のためにその仕事を目指しているのかを忘れかけていました。今回のセッションで、あらためて、自分を突き動かしてきた情熱がどのようなものだったかを再確認できました。とはいえ、私は弱いし怠けものなので、努力の途中ですぐに弱音を吐き、立ち尽くしてしまいます。そこで、泣き言を言いたくなったり、もうだめだと思った時には、今回のセッションでの、「高い炎を持って歩き回り他者に火を分けている自分」を思い浮かべるようにしました。自分の心の奥に埋もれていた情熱は、私の存在価値を思い出させる「芯」です。繰り返しになりますが、やはりこれは私の大動脈、すなわち「いのち」でした。

一進一退ながらも、効果は出てきています。現実が悲しくてたまらなくても、ともかく机に向かい、努力の一歩をなんとか踏み出しています。

 

以上、抽象的な文章になってしまいましたが、うまくお伝えできたでしょうか。読んでくださった方のお役に立てるといいなと思います。
そして、先生、どうもありがとう。


                                   目次に戻る


7.ご本人SARAさんによる体験談(ブログ)
この度、スペース・SORA にてヒプノをじっくりとお受けいただいた方からブログへ書きましたとのお知らせをいただきました。5回分を載せていただきましたが、なかなか興味深い内容でした。ブログ中のヒプノの誘導そのものについては あまり詳しい記述はありませんが、ヒプノで得られた人生ストーリーには毎回驚かされたものでした。
(実際にはブログ中の記述にあるような人生の書き換えだけでなく、感情開放や癒しにつながる様々なテクニックを使わせていただいております。) 
スペース・SORA での体験談は以下の5回分です。

2008年 11月 29日 愛を学ぶために生まれてきた
2008年 12月 30日 運命のヒプノセラピスト
2008年 12月 31日 ヒプノセラピー
2009年 1月 4日   インナーチャイルド
2009年 1月 6日   運命のヒプノセラピスト 2

SARAさんブログへは こちら

目次に戻る

8、ご本人による体験談 夢の実現 Mさんの場合

Mさんは長身にストレートのロングヘアーの、凛とした素敵な女性です。 Mさんは全6回のヒプノセラピーをされましたが、最初は女性性について、次に自己表現の問題や失敗に対する恐れについて、そして次第に夢の実現に向けてのヒプノへと移行されました。ドイツに行きたいとおっしゃっていたMさんですが、何回目かの時に「偶然ドイツ人の方と友達になった」とのご報告を受けるなど、着実に実現に向けて歩みを進めていらっしゃる様子を伺い、頼もしさを感じておりました。この度、ドイツからのご報告メールをいただきビックリ! ご報告への感謝とともに体験談を掲載させていただきます。

以下 原文

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


近況を報告したくてメールしました。最後のヒプノセラピーで「未来の自分に会いに行く」を受けました。その時の私の相談内容は「資格を活かしてドイツで働きたい」でした。
ヒプノを受けた当初は、そのような夢を持っていたものの、何も手立てがなく、ただ夢に夢見る状態でした。ところが、ヒプノを受けてしばらくしてから、色々なことが重なり、何と今はドイツで実習をしています。ドイツに滞在し始めてすでに8カ月が経過しました。
 今思い返せば、KEIKO.さんのヒプノで背中を押してもらえたから、今こうしてドイツで暮らせているんだなって思います。本当にありがとうございます。

今日、HPを拝見して、KEIKO.さんの活躍を知ることができ、非常に嬉しく思いました。
KEIKO.さんに背中を押されて変わっていく人たちが他にも沢山いるんだと思うと、とても素晴らしいことですよね。

ドイツは日本から少し離れていますが、今後もKEIKO.さんのご活躍を心より祈っています。そして、セラピーのときは本当に有難うございました。あのときがあるから、今の私がいるんですもんね!! 

                Mさんの詳しい体験談へジャンプ


             
 


9.ご本による体験談 HTさんの場合。
この度、20代のHTさんから体験談をお寄せいただきました。HTさんはもともと胎内記憶をお持ちの方です。その記憶を確かめるための胎内退行と、過去世退行の2セッションのご依頼でした。胎内退行では幼児期から胎内へ、胎内から中間世へと移行しました。胎内退行でも過去世退行でも、内容的にはとても珍しい内容でしたが、最後の「生まれる。生きる。素晴らしい事がわかる」の言葉にはかなり深い意味が隠されているのだな・・と感じられました。

以下、ご本人様の原文です。


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

先日は素敵なセラピーをどうもありがとうございました。
 
セラピーの中で前世ではずっとうっすらさびしい感覚がありましたが、それと比べて「今は家族や友達がいて幸せだな〜」と思えたり、よく考えてみるとセラピー中の大きな白い方のもとで働いている感覚が素晴らしかったため天職のようなものにこだわりすぎていないか?と思いました。
偶然テレビで、ヒプノセラピーで前世を話されている方の言っていることが遠い外国の昔のことなのに一致しているのを見て、自分のみた前世も全くの妄想とかではないんだろうなと、より理解が深まりました。
体験談の中には私のような現実感の薄い世界の前世を見ている方が見られなかったので、これから受けられる方のサンプルになればいいなと思って思いだせる内容を書いてみます。
もし体験談で使えそうでしたら使ってください

ブログにて、さらに体験談やご感想をお読みいただけます。
こちらへ⇒★



トップページへ戻る